0
¥0

現在カート内に商品はございません。

和紅茶専門店レインブラントティー

ABOUT Rainbrant TEA

ブランドメッセージ

紅茶があるところには、いつも人と人との温かいつながりがある

歴史の上で紅茶が飲まれるシーンには、いつも人がいて、いつも団らんがあり、
いつも楽しい会話のそばで、紅茶は在り続けてきました。

一人で飲むときであっても、紅茶を淹れる時間、ゆっくりと紅茶を楽しむ時間の中で、
私たちは自由に想像を巡らせ、誰かに紅茶を作ってあげたいと思ってみたり、
この紅茶を摘んでくれたのはどんな人たちだろうと考えてみたり、
静かに思いを馳せる中に、多くの温かいつながりがあります。

今も昔も変わらない、紅茶の楽しみ方

かつてのイギリスでは、紅茶は王侯貴族や富裕層の流行から始まり、
いつしか、一般庶民が広く楽しむものとなっていきました。
時間の経過とともに広がりを見せる中でも、紅茶の役割は、身分や出自を問わず、
どんな人にとっても変わらず「私たちの生活にそっと寄りそう」ことだけでした。
そのために、紅茶は多くの人に受け入れられ、人から人へ広がり、
今日でもその役割が変わることはありません。

紅茶が主役なのではなく、私たちが会話を楽しむ時間、食を楽しむ時間、
あるいは一人でゆっくりと心の緊張をほぐす時間が、主役なのだと思います。
その間、紅茶は名わき役として、そっと私たちのそばに寄りそって、
本来の主役の時間を、より豊かなものに変えてくれます。
ですから、私たちの紅茶の楽しみ方は、もっと自然で、自由なものであって良いのだと思います。

レインブラントティーの紅茶は、人と人とがつながる紅茶

紅茶があるところには、なぜかいつも人が集まっていて、楽しい会話があり、
そこに人と人との温かいつながりが生まれます。
“人がつながる紅茶”を扱う、レインブラントティーの意義は、
『紅茶による温かいつながりを広めること』であり、
『世に知られていない、素晴らしい紅茶を広めること』であり、
『自由に好きな紅茶を選べる環境を作ること』です。

All the garden teas,

All the unknown teas,

All the lifetime teas,

All the tea connection.

Rainbrant TEA

レインブラントティーの和紅茶

和紅茶とは?

緑茶のイメージが強い日本ですが、実は昔から紅茶生産が行われており、
紐解けばその歴史は明治初期にまでさかのぼります。

昭和に入りその勢いはさらに加速し、紅茶生産は波に乗り、
一時は海外への輸出も盛んに行われるまでになりました。
その後、紅茶輸入自由化などの時代の波に押され、国内生産は極端に落ち込みましたが、
地道な生産者たちの努力は今日まで脈々と受け継がれ、
2000年に入った頃から、徐々に国内生産にも上昇基調が見られるようになりました。

現在、国産の紅茶は「和紅茶」と呼ばれるようになり、
産地ごとに様々な特色を備え、新たなステージを迎えつつある、といえます。

世界的に誇る日本の和紅茶

日本では、北から南まで紅茶の栽培にとって様々な気候環境が整っており、茶の樹の品種は100種を超えます。
その結果生まれる紅茶のバラエティは、世界的にみても指折りの豊かさです。

日本の国産紅茶は、そのバラエティの豊かさと独自性の高さから「和紅茶」としてブランディングされ、
海外でも「Wa-kocha」として注目を集め、徐々に認知が広まっています。

レインブラントティーの創設

こうした、世界的に見ても非常に品質が高いはずの和紅茶が、日本ではまだ十分に認知されておらず、
海外の紅茶ばかりに注目が集まる状況は、今も変わることがありません。
そこで、もっと世間に和紅茶の素晴らしさを広めたいという思いから、
レインブラントティーを設立しようと考えました。
レインブラントティーの目的は、日本の生産者さん達が丹精を込めて作った和紅茶を、
一人でも多くの方に知って頂き、それを楽しんで頂くことにあります。

レインブラントティーでは、日本全国の茶園を直接訪問し、茶園主の方からお話をお聞きし、
品質の高い和紅茶をセレクトして、皆様にご紹介しております。
ぜひ、日本の匠の業が結集された、世界に誇れる「和紅茶」とその世界をお楽しみください。

レインブラントティーの和紅茶イメージ

カテゴリ一覧

TOP